50%プラス


身近な暮しを書きとめるノートです。
by lykkelig
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Knerten gifter seg

「Knerten gifter seg (ネルテンの結婚?)」は、5歳前後の子どもに最適の映画らしい。子どもたちを襲う、両親の別居・離婚、親がいなくなる日、変な大人が近づいてくる日などをユーモラスタッチで描いているのだという。

原作はあの子どもの本作家アンネ・カット・ヴェストリAnne-Cath Vestly 。9月にリリースされたばかり。
[PR]
by lykkelig | 2010-09-24 13:20 | ノルウェー

ノルウェーのお墓事情

ノルウェーの友人が、「お墓はただよ」と言った。50代で亡くなった彼の夫の墓参りに、オスロ市の墓地に行った時のことだ。

私自身、自分の母が亡くなるまで、お墓のことは余り真剣に考えたことがなかった。その上、夫スヴェーレを亡くして心の傷がいえなかった彼女に、そのお墓について聞くこともなかった。でも、夫の死から数年が過ぎた。今夏、母を亡くした私に、彼女は、「スヴェーレ(夫)のお墓に行ってみようか」と誘いの言葉をかけた。その道すがら、ノルウェーお墓事情を話してくれた。

ノルウェーのお墓は、墓地・火葬・埋葬法に従って、教会と自治体議会の共同管轄の下、自治体のGrav Ferdsetaten(葬儀事務局)が管理責任を持つ。国教である教会の運営・維持は、国の予算で賄われている。オスロ市の葬儀事務局代表Margaret Eckboは、「2009年は、300万クローネ(4500万円)の公費が出ています」とオスロ市の広報ページで述べている。

その教会の広大な土地の一角を、死者に最も近い遺族が、20年間借り受ける。20年以上の場合は、なんらかの更新費用が必要とされる。

たとえばオスロ市の公共墓地に葬ってほしい場合は、オスロに定住している住民であればいいだけでとくに複雑な申請はない。

友人の場合、まず、オスロ市内東エケール地区の墓地にある2つのエリアから選ぶようにとの通知が市の葬儀事務局から来た。義理の娘と相談して2つから1つを選んだ。次に何人分の遺灰がはいるようにしたらいいかを決めた。1人分か、2人分か、さらに多人数分か、を決めた。大きさについては、火葬をしないで遺体を入れた箱ごと土に埋める地方がまだ残っているらしいが、オスロの場合は火葬後の遺灰なので一人分は小さな面積だという。

墓石は、墓石会社に依頼して名前を彫った墓石を作ってもらう。その費用は、だいたいおよそ4000~5000クローネ(6,7万円)で、こちらは完全に自費である。墓石の前には小さな花壇がついていて、その花植えや維持・掃除などの管理は、遺族の責任になる。できない遺族の場合、有料で管理を依頼することもできる。最近は、お世話に来ない遺族も多く、墓地全体の環境美化を保つための雇用者が増える一方のようだ。2009年、オスロ市は、フルタイム計算で127人。

「ゆりかごから墓場まで」は、福祉社会の代名詞だ。高額の墓地・墓石費用がまかり通っている日本の実態と比べ、あらためてこの言葉を実感した。


http://www.gravferdsetaten.oslo.kommune.no/
[PR]
by lykkelig | 2010-09-24 12:59 | ノルウェー

ノルウェーから親友がやってきた

b0148594_1837161.jpgBenteが、9月22日、昼前に富士見駅に到着。二人で迎えた。彼女にとっては初めての富士見、初めての我が家だ。信州の秋を堪能してもらおうと思ったが、天気がよくない。

家の回りの緑の中を散歩。ランチは冷やしパスタ。地ものトマトをたっぷり使って、ビールで「スコール!」

明日は最悪だと天気予報。それなら富士見の自然を味わうのは今日の午後しかない。あまりいい天気ではないが、車で外へ。農学校に行って、アイスクリームをほおばり、帰路、近所で買い物をして・・・近所のゆ~とろん温泉に。満月だ! 月夜の露天風呂は、眠っていた(いや、なきに等しい)美意識が高められる感じだ。

b0148594_18402743.jpg帰宅して我が家での夕食。地元の大吟醸に、何種類かの酒のつまみ・・・秋田の友人が送ってくれた和牛の味噌漬けを焦げ目がつくぐらいに焼いてスライスしたもの、福井県越前市の友人が教えてくれたふぐの粕漬け、みょうがの酢もみ、奈良漬、たくわん・・・。かわち料理ふうに大皿盛りをした。その後、向田邦子が大好きだったという「常夜鍋」に。豚肉に、京菜(ほんとうはホウレンソウだが)。Benteの好きな豆腐入り。

b0148594_18433572.jpg9月23日は木曽路に。大雨。途中の漆器店に何点か立ち寄ってから、中山道の宿場町を再現した奈良井宿へ。ランチは、徳利屋で五平もち定食。そばが美味しかった。帰路、酒屋さんでどぶろくを購入。日本の文化とくに料理関係には詳しい彼女だが、「どぶろくって何?」ときた。ウン十年間の日本通にも未知の世界があるらしい。板前になりたかったというパートナーの手料理で、友人は終始ご機嫌だった。

BenteはNRKの人事部長だ。2週間残っていた夏休み休暇に、無給休暇の2週間を足して、4週間の休みをとって、秋の日本にやってきた。ノルウェーの夏休暇はだいたい5週間。6月、彼女はすでに3週間の夏休みをとって、義理の娘の家族(4人の子どもがいる)とスペインで過ごしたのだという。

その義理の娘ヘッレは、長女エッラが生まれてまもない頃ーーーもう10年以上前ーー三鷹の我が家に遊びにきて、べコのお世話をしてくれた。三鷹駅で大きなカバンとエッラをかかえて立っていた彼女の姿を思いだす。そして私とパートナーがオスロのベンテ宅に泊った時、ヘッレを夕食に招待し、彼の手料理を披露したっけ。その時は確かイタリアン。

時は過ぎゆく…。
[PR]
by lykkelig | 2010-09-23 18:42 | 家族、友人など

Norway's Land of Giants

ノルウェーの大自然が、Mainichi Weekly(2010年9月11日号)に掲載されました。2ページまるまる両面にカラー写真つき。タイトルは、Norway's Land of Giants (ノルウェー 大自然あふれる国)。

◆p8-9 Travel: Norway’s land of giants
海に囲まれ、森林に覆われる点で日本と共通するノルウェーですが、福祉や男女平等の先進国としても知られています。大自然の楽しみ方はどうでしょうか。

読みたい方は240円で買えますhttp://www.fujisan.co.jp/Product/1281680611/b/427282
今週号の表紙はハーバード大学Professor Michael J. Sandel
[PR]
by lykkelig | 2010-09-12 09:44 | ノルウェー
カテゴリ
以前の記事
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 10月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 01月
2003年 11月
2003年 09月
2003年 07月
2003年 05月
2003年 01月
2002年 10月
2002年 01月
2001年 08月
2001年 07月
2001年 04月
2001年 03月
2001年 01月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧