50%プラス


身近な暮しを書きとめるノートです。
by lykkelig
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ヨ―テンハイメンに登ったぞぉ

b0148594_0442817.jpg
 
ノルウェーの有名な国立公園ヨ―テンハイメンにある、ベッセゲンという山に行った。足場の悪い岩山の往復8時間の登山。この日は、途中まで素晴らしい天気だったが、山頂は暴風雨にあられ。気温は5度以下だった。体感温度は零下を下回るようだった。

上は防水アノラックだが、防水用の上ズボンを日本から持参しなかった私は、大変な目に。これほどの強い雨は予想外。ズボンは濡れるという事態を通り越し、どんどん重くなり、一歩足を前に進めるのにも猛烈なエネルギーが必要となる。そそりたった岩場、とりわけ狭い足場を登るとき、全精神を集中して足をカッと上げなければならない。生まれて初めて、ズボンの重さがいかに辛いかを感じた。

防水ヤッケも、リュックも、横殴りの雨にはかなわず、どんどん濡れる。さらに、自慢のイタリア製登山靴までずぶずぶ。もちろん防水用だが、靴と足の間の隙間から容赦なく雨しずくがはいっていくのか、防水が効かない。靴の中で靴下がじっとり濡れて不愉快この上ない。しかし、不快感など気にしている余裕もない。

疲れがたまってくる。しかし、どこにも休めるような場所はない。とにかく山頂へ、山頂へ。

山頂で休みながら絶景を楽しむーーこれが出発時の夢だった。それどころか、雨に加え、1メートル先を見るのもやっという濃霧。霰さえふってくる。一歩でも前に進むことだ。赤いTの文字だけを頼りに、前の人に遅れないよう進む。

「どんどん天気が悪くなる。前に進もう。温かいスープのデイナ―が待っている」とガイドの励ましを聞きながら、右足、次は左足・・・と足を前に出すことだけに全精神を持っていく。私を救ってくれたのは、母親の形見の防寒ベストだ。ほっこり温かい。「母さん、ありがとう!」

ヨ―テンハイメンには悪い巨人が住んでいるという言い伝えを思い出す。

次週のノルウェー新聞には、「ノルウェーの男性2人が、ベッセゲン登山の下山ができなくなり、SOS。急きょ救助ヘリコプターが出頭して命びろいをした」というニュースが出ていた。ノルウェーの友人たちも、「ベッセゲンには一度も登ったことない。よくまあ」と驚かれた。

怖いもの知らず・・・だからできたのだろう。往復8時間の登山中、何度か危機に陥ったが、無事帰還できたことをほっとしている。
[PR]
by lykkelig | 2010-07-30 00:43 | ノルウェー

Myke verdier

Ideological tools for Norwegian foreign policy

lecture by Prof.Margaret Hayford O’Leary based on Norway: Society and Culture, edited by Eva Maagerø and Birte Simonsen.

1)Often called "soft tools, soft values:myke verdier"
2)Influence other countries through positive exmple
3)The "Nordic Model" important for Norwegian foreign policy. More weight than one
country alone.

http://www.petro.no/modules/module_123/proxy.asp?C=81&I=8373&D=2&mid=29
http://www.logistikk-ledelse.no/2002/kv/kv05-01.htm
http://intro.cappelendamm.no/
[PR]
by lykkelig | 2010-07-30 00:39 | ノルウェー

夏休みの過ごし方:子どもをひとりにしないために

ノルウェーの労働者の夏休みは長い。年5~6週間の有給休暇のうち、だいたい3週間を夏休みにあてる人が多いと聞く。

ところが、学校はもっと長い。8週間だ。そこで問題になるのが、父母の夏休みよりも子どもが長いため、子どもだけで過ごさなければならない家庭が多いことだ。

子どもの研究をしている学者が、夫婦そろって子どもと夏の小屋や海外で過ごす家庭が多いこちらの風習に苦言を呈している。学者の言い分は、「家族そろって夏休みを過ごすのはいいことだが、子どもをひとりっきりにしないため、大人は夏休みをわけてとりなさい」というもの。

それに対して、シングルマザーや、子どもたち、「時には子どもだけにすることはいいことだ」という親などから賛否さまざま議論がまきおこっている。

ちなみに私の友人の義理の娘ヘッレは、シングルマザーで4人の子持ち。こう聞いただけで、「いったいどうしているのか」と心配になる。しかしヘッレには、父親側の両親、現母親(私の友人)側の両親、それに実母側の両親の6人の祖父母がいるため、夏休みをうまく過ごしているようだ。今夏は、私の友人の父親が昔買ったスペインの別荘で3週間過ごし、今は、実母の山の家で2週間ほど過ごしている。

でも、うまくいっている家庭ばかりではない。うまくいってない家庭に育つ子どもに焦点をあてようとする支援政策が必要なのだと思う。

http://www.nrk.http://www.nrk.no/nyheter/distrikt/ostafjells/vestfold/1.7226524no/nyheter/distrikt/ostafjells/vestfold/1.7226524
[PR]
by lykkelig | 2010-07-29 06:19 | ノルウェー

Local Protest: Nature vs Development

ノルウェーは1972年、世界に先駆けて環境省を新設した。その背景には70年代の激しい市民運動があったとされている。環境汚染に対する政府の対応を抗議する運動だった。

こうしたノルウェーの地方からの政府に対する叛乱の原型は、1946年にさかのぼる。オスロの緑を守ろうと3万人が集まった。

1970年には、マーダルスの滝に建設が予定されていた水力発電所に対して、草の根市民たちは非暴力不服従運動で抵抗した。後に法務大臣となるオッド・アイナール・ドールムも、警官に連れされたデモ隊の一人だという。1976年には、サーミの人たちが、アルタ・カウトケイノへのダム建設に反対する抗議運動を起こした。

Norwegian environmental politics as a major policy area dates back to 1972 with the
establishment of the Ministry of Environment (MoE) – the world’s first ministry for
environmental protection.

http://www.nationen.no/2010/07/14/politikk/hardanger/kraft/energi/kraftlinje/6065123/

http://www.klartale.no/norge/article1690.zrm

http://www.tv2nyhetene.no/innenriks/politikk/aplag-legger-ned-alle-verv-i-kraftlinjeprotest-3246417.html

http://www.nationen.no/2010/07/11/politikk/energi/miljo/kraft/kraftlinjer/6060528/

http://www.environment.no/default.aspx

http://205.188.238.109/time/specials/packages/article/0,28804,1924149_1924152_1924196,00.html

http://www.samitour.no/english/9-1-historie.html

http://www.nrk.no/nyheter/distrikt/more_og_romsdal/1.7177192
[PR]
by lykkelig | 2010-07-28 00:44 | ノルウェー

Norway:Nature and Environment

Allemannsretten(outdoor recreation act):1957

-Right of public access applies to open country(unfenced land)
You may roam freely on foot and on skis
You may picnic and camp overnight
You may ride or bicycle on paths and tracks
You may swim, canoe, row and sail
You may pick berries, mushrooms and flowers
You may fish saltwater fish freely

Ut på tur, altri sur!(Out on tour, never sour!)
Den norske turistforening http://www.turistforeningen.no/

Den norske skiforening http://www.skiforeningen.no/

Friluftsliv.nohttp://www.friluftsliv.no/

National Parks http://www.dirnat.no/nasjonalparker/

Video:Norway:In Partnership with Nature
http://www.regjeringen.no/en/dep/md/Sound-and-picture/video/Norway--in-partnership-with-nature.html?id=445144
[PR]
by lykkelig | 2010-07-28 00:11 | ノルウェー

テロ組織アルカイダの関係者、オスロで逮捕

ノルウェー警察は7月8日、男性3人をノルウェーとドイツで逮捕したと発表した。オスロ市内で、ウイグル系ノルウェー市民(39)、ノルウェーに永住権を持つイラク人(37)がそれぞれ逮捕され、ウズベク人(31)はドイツで逮捕された。

国際テロ組織アルカイダと関係があるという疑いの3人のうち2人は、ノルウェー市民権、永住権を持つ。当局は、昨年発覚したニューヨーク地下鉄を狙った爆破テロ計画と同様、小型で強力な爆弾を使う計画だったとみて追及中。警察長官 Police Security Service (PST) ジャンネ・クリスチャンセンは、「3人はアルカイダと関係がある可能性がある外国在住の人物や、米英などで捜査の対象となっている人物とつながりがありそうだ」と述べた。

ノルウェー防衛研究所FFIのアンネ・ステナーセンは、「多国籍ということが、アルカイダの特徴である。ヨーロッパで非常に活発に動いている。インターネットでの情報伝達を行っている」と述べた。

一方、ノルウェーのウィグル委員会の前委員長は、「残念だ。これまでウィグル系ノルウェー人社会で過激派と関係があるなどという話は聞いたことがない。われわれはイスラム教徒だが、信心深くない。彼がノルウェーのウィグル社会に住んでいた人だとは思えない」と語った。

NRKは、ウィグル系ノルウェー人逮捕のニュースととともに、中国政府からの迫害に体をはって闘っているウィグル自治区の女性たちの写真と、迫害の歴史を紹介している。

http://www.nrk.no/nyheter/norge/1.7202308
http://news.bbc.co.uk/2/hi/world/europe/10554523.stm
[PR]
by lykkelig | 2010-07-09 02:37 | ノルウェー

イタリア一行の日本講演準備

イタリアの精神病院閉鎖にいたるドキュメントを日本で話してもらう企画に、4月からとりかかっている。イタリアのマリア・グラッツィア・ジャンニケッダと、日本の大熊一夫が主たる役者。その2人の間に立って、秋の来日講演に向けての膨大な会話をとり交わすのが、ちょっと英語のできる私だ。

メールによるやりとりを春からしてきた。ノルウェーに来てからも、日本から「(時差がないだろうから)直接イタリアに電話して、●●●を聞いて確かめてほしい」などと言ってくる。マリア・グラッツィア・ジャンニケッダにとっても私にとっても、英語は第二外国語なので、微妙なニュアンスが伝わりにくいとか、仕事が山のようにあることなど、余り考えてないみたいだ。

今はスカイプがあるから、毎日、ノルウェーで、日本の連合いと会話をしている。こちらの朝にかけると、日本は夕方。先日、朝に夕にスカイプをかけてもいなかった。出張なのか、それとも腰痛かなんかで倒れているのか・・・心配した。

今朝のスカイプでわかった。泊りがけでソテリアにピッツア釜を作りに行っていたのだという。ったくぅ~!
[PR]
by lykkelig | 2010-07-05 12:59 | 家族、友人など
カテゴリ
以前の記事
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 10月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 01月
2003年 11月
2003年 09月
2003年 07月
2003年 05月
2003年 01月
2002年 10月
2002年 01月
2001年 08月
2001年 07月
2001年 04月
2001年 03月
2001年 01月
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧