50%プラス


身近な暮しを書きとめるノートです。
by lykkelig
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『髭のノラ』出版記念スピーチ

『ノルウェーを変えた髭のノラ』こぼれ話 (2010年4月27日 ノルウェー王国大使館にて)

Minister Counsellor, Mr. Tor DAHLSTRØM、
Counsellor, Ms.Wenche PREBENSEN
First Secretary, Ms. Dorthe BAKKE, 
Ms. Ami Semba,  and ladies and gentlemen. Velkommen!

アイスランドの火山噴火が起きたとき、私はヨーロッパに出張していました。帰国便は、早くて26日(昨日)着だと言われました。今日の集いをキャンセルしなくては、と覚悟した矢先、「飛びそうだ」という知らせが舞い込みました。半信半疑でミュンヘン空港に到着したら、本当に飛びました。機内で、「空港再開後の第一便です」とアナウンスが流れ、こうして幸運にも皆様とお目にかかることができました。

この噴火時、世界の首脳は核セキュリティ・サミットでアメリカにいたようです。ドイツのメルケル首相は、いったんスペインに降り、そこから陸路に変えて3日間、自動車で流浪の旅をしている映像が流れました。ところがノルウェーのストルテンベルグ首相はといいますと、膝の上のアイポッドで、ニューヨークのホテルのロビーからオスロの政府と通信をし、悠然と遠隔指示をしている映像が流れました。

実際は大変だったのでしょうが、ストルテンベルグ首相の映像には心が和み、ホッとさせられました。

この彼の仕事の仕方は、現代のノルウェー人の働きかたを象徴しているように思います。

まずインターネットという最新ツールを使いこなして仕事をする点。それに、ロビーしかなかったら、ロビーで仕事にとりかかるという柔軟性。さらにこの国では、首相であろうと誰であろうと何かあった際は、分担・代行できる体制がつくられているという点です。とくに、この最後の点は、重要です。

ノルウェーは、大臣や会社の取締役であっても、就任中になんの抵抗もなく妊娠・出産する国です。そうした女性と職場をつなぐツールはインターネットです。

私の知人で財務官僚の女性は育児休業中でしたが、重要な情報はインターネットで入手し、インターネットで会議に参加もするのだ、と言っていました。そして、公務員の彼女ばかりか、私企業に勤める夫まで、フレックスタイムで働けるのです。在宅勤務をしてもいいのです。また、ポストを代行・代理する制度があるため、首相や大臣であっても、また国会議員でも、市長でも、こころおきなく休めます。首相が副首相に、または大臣が副大臣に職務を代わってもらった話を、何度か耳にしました。

こうしたノルウェーの柔軟な労働環境は、女性が働き続けるために、非常に重要です。ノルウェーの女性は、3才以下の子どもを持っていても、その就労率は75%。出産後に女性の7割が退職する日本とはちょうど逆です。

こうした環境があるからこそ、ストルテンベルグ首相のゆとりのアイポッド光景になったのではないでしょうか。つまり女性に優しい環境は、男性にとっても優しい環境だといえます。

こうした職場環境を作りあげたノルウェー社会に、私が魅せられてから、20数年が経ちました。

More
[PR]
by lykkelig | 2010-05-29 01:14 | 本、文書

雨漏り

屋根の雨漏りがまた始まった。5年ぐらい前は、ノルウェーから友人一家が来て、寝ているときに雨が漏ってきて、びっくり。職人さんを頼まず、彼一人で修繕した。

今度は、人形を飾っている壁づたいに、漏ってきた。さあ、大変。屋根に上って修繕しようとしたら、ヘンなかっこうをしていたせいか、背中が一日中痛いという。今度こそ、屋根職人を頼んだほうがよさそうだ。
[PR]
by lykkelig | 2010-05-27 00:22 | 家族、友人など

ノルウェーを変えた髭のノラ、出版記念シンポ

b0148594_24093.jpg『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店)を出版した。2010年4月27日、広尾のノルウェー王国大使館が、出版記念会・レセプションを開いてくださった。男女共同参画行政に携わる人たち、本に引用した人たち、本を書くにあたって勇気を与えられた運動家たち、報道関係の方々が、全国から集まってくださったノルウェー王国大使館Web『髭ノラ』出版記念シンポ


b0148594_2423433.jpgいい気候だったらプールサイドでレセプションができるのだが。あいにくの雨
b0148594_21505217.jpg公使参事官Tor DAHLSTRØMの挨拶。隣は通訳を務める仙波亜美さん

b0148594_21493363.jpgスピーチをする明石書店石井社長

b0148594_2148359.jpg『髭のノラ』こぼれ話のスピーチ草稿はこちら。スクリーンは7党中4党が女性の党首のノルウェー政界。その女性政策は『ノルウェー変えた髭のノラ』をどうぞ

b0148594_21481861.jpg演台の後ろにはためく色とりどりのバルーンは、大阪から飛んできた

b0148594_22293522.jpg ノルウェー男女平等の本 を発行した荒川ユリ子さんが質問に立った。荒川さんは、ノルウェーの小・中学校の本の日本語訳を発行するため、「ノルウェー男女平等の本を出版する会」を立ち上げた。1997年頃の本だが、今も新鮮。日本の小・中学の副読本として最適

b0148594_2216742.jpg衆議院議員の京野公子さん。「衆議院議員なのに、黒塗りのハイヤーを使わないでいらっしゃるらしい」と大使館で噂になっていた。庶民の心に寄り添う貴重な政治家の1人

b0148594_2221448.jpg

b0148594_22192823.jpg

b0148594_2244917.jpg

b0148594_2221312.jpg売買春運動を続ける高橋喜久枝さん、何から何までいろいろお世話になった明石書店編集部黒田貴史さん、

b0148594_2234682.jpg全国フェミニスト議員連盟の友人たち

b0148594_22374077.jpg友人のポパルさん、高橋さん、山城さんも駆けつけた

b0148594_2228379.jpg「女性歌人たちの敗戦前後」(『扉を開く女たち』砂小屋書房)を著した内野光子さん(左)。男女平等が高らかに歌われた敗戦後の歌壇に女たちの出番は余に少なかった、女性雑誌の歌壇ですら選者は皆男性だった、戦意昂揚から平和国家への劇的変化の糾弾にさらされなかった女性歌人たち・・・。丹念な調査とジェンダーの視点による日本の短歌史と評論。内野光子ブログもどうぞ

b0148594_22351865.jpg衆議院議員の藤田一枝さん。私が議員だった時代からの友人。一緒にノルウェーのクオータ制調査旅行にも行った。女性の労働権確立のため初心を忘れず頑張っている稀有な政治家の1人。

b0148594_22553368.jpg富山県高岡市で、女性のエンパワーメントを旗印に県や国会にロビー活動をする「シャキット富山35」の山下清子さん(右)。中央はヴェンケ・プレベンセン参事官(Wenche PREBENSEN)、左はノルウェー語の語学力の低い私の知恵袋となって助言してくれた仙波亜美さん。シャキット富山35

b0148594_22424368.jpg クオータ制を実現する会を立ち上げて世論を動かそうと頑張る神永礼子さんが名古屋からかけつけた(右から2人目)。クオータ制を実現する会はこちらhttp://www1.odn.ne.jp/quota/
b0148594_2244436.jpgクオータ制と比例代表制を広めるため千葉県柏市から発信する田口房雄さん

b0148594_255546.jpg
b0148594_22463494.jpg
b0148594_2582916.jpg滋賀県大津市で「さくらんぼ女性サポートルーム」代表としてDV被害者の相談を担う岡田けい子さん。岡田さんのノルウェー訪問記録は、今回の本を書く際参考にさせていただいた。

b0148594_22394542.jpg富山の水引細工について説明する三井。右は大使館の研修生。陸軍で働いていたというところがノルウェー的だな、つい思ってしまった

b0148594_22532591.jpg

b0148594_2253541.jpg富山の水引細工「松竹梅」。見事な伝統工芸品。結納の時に使われてきた。ノルウェー大使館にプレゼントしました。http://mizuhiki.jp/mizuhikizaiku/index.html

b0148594_1845081.jpg写真撮影はすべて大熊一夫(右)。お疲れさまと、最後に、友人にカメラのシャッターを押してもらってニコリ。

[PR]
by lykkelig | 2010-05-25 22:58 | 本、文書

昔、昔、あるところにキチガイがいたC'era una volta la città dei matti・・・

「昔、昔、あるところにキチガイがいた(C'era una volta la città dei matti・・・)」は、「私たちはできるSi puo fare」より、ずっと素晴らしい映画だ。少なくとも私は、こちらのほうが好きだ。

イタリアのトリエステで観たからよけいそう思ったのかもしれない。精神の病のとらえ方に女性の視点が微妙に感じられたことも私をひきつけた。トリエステは、精神病院を全廃した町だ。

そんな不可能を可能ならしめた人物がフランコ・バザーリアだ。フランコは、精神を病む人々へのいっさいの拘束を禁止した。独房に縛られていた人の拘束を解き、部屋のカギをはずし、公園の散歩をすることを許し、外食を許し、外で遊ぶことも、仕事をすることも許した。

拘束され、薬漬けにされ、電気ショックをされ、規則づくめの精神病院。そこを壊すことが治療だ、と。精神病院を捨てて外に出る、その象徴が青い張り子の馬だ。患者たちの手で作りあげたものだ。張り子の中には自分たちの希望や夢をいっぱい中につめたから、馬は大きい。出入り口から外に出られない。張り子の馬は、まっすぐ進む。出入り口をガラガラと壊して。さあーッ、出よう!!


■私たちはできる
http://lykkelig.exblog.jp/10439984
http://lykkelig.exblog.jp/10541643/

■昔、昔、あるところにキチガイがいた
http://lykkelig.exblog.jp/13272383/
[PR]
by lykkelig | 2010-05-21 01:10 | 社会問題

5月17日はノルウェー憲法記念日

1814年5月17日、ノルウェーの憲法ができた。当時、ヨーロッパで最も民主的な憲法だったそうだ。

首都オスロで取材した憲法記念日を思い出す。

一言でいうと、ノルウェーの憲法記念日は子どもの祭り。いつもはジーンズにセーターの小学生が、晴れ着を装い、学校ごとに鼓笛隊に先導されて王宮までパレードする。王宮では、王室一家がバルコニーから手をふる。ガラスも囲いもない。みんな上を見上げて、大声で口々に王様に挨拶する。中には、「王様、・・・してちょうだい」と、要求もする子も。式典の最前列は、外国からきた車椅子の子どもたちだった。取材した男の子は「スウェーデンからきました」と答えた。とても体が不自由そうな様子なのに元気そうだった。

お祝いにはつきものが、お菓子。とくに、ドーナツを積み重ねたようなアーモンドケーキに国旗をさすお菓子Kransekakeは定番。これなしにはパーティは始まらない(Det blir ikke fest uten!)、のだそうだ。http://www.nrk.no/mat/1.6120730
[PR]
by lykkelig | 2010-05-16 09:19 | ノルウェー

ゲスト8人、ピッツアパーティ

精神にときどき不調をきたす人たちと、そのケアに携わる人たち8人が、連休に我が家にやってきた。おりしも諏訪は「御柱祭」。大渋滞に巻き込まれちょっと過労気味な一行が到着したのは、
約束の時間を40分ほどすぎたころ。

ピッツアは発酵時間が大事。少なくても長くてもうまくいかない(というのは彼)。今回は、ゲストの到着時間の関係で、ちょっと発酵時間が長かった。でも、そこはゲストのにぎわいと笑顔でカバー。

メニューは、ピッツァ・マルゲリータ、ピッツァ・マリナ―ラ、ルッコラの代りにカイワレをあしらったピッツァ、ピッツァ・パンチェッタ。ドルチェはナッツ入りソフト・チョコ(地震で大被害をうけたイタリア某地のお土産)。

まき割りで腰を痛めて顔をしかめているパートナーだが、ピッツア職人として最後まで張り切った。
[PR]
by lykkelig | 2010-05-04 11:24 | 家族、友人など

幼いころ

b0148594_1844377.jpgうちのパートナーが小さなころ、家は繁盛していて、使用人も多かったという。昔話に出てくるのは佐伯さんという使用人。いろいろなことを教わったという。

私の実家も、それほどではないが、ちょっとした成金時代があった。そのころの番頭さんは土場さんといった。頼むと何でもやってくれると、思っていた。彼には本当にお世話になった。
[PR]
by lykkelig | 2010-05-01 19:22 | 家族、友人など
カテゴリ
以前の記事
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 10月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 01月
2003年 11月
2003年 09月
2003年 07月
2003年 05月
2003年 01月
2002年 10月
2002年 01月
2001年 08月
2001年 07月
2001年 04月
2001年 03月
2001年 01月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧