50%プラス


身近な暮しを書きとめるノートです。
by lykkelig
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

俵萌子さん逝去

11月27日、俵萌子さんがお亡くなりになったという記事を新聞で見つけた。今夏、東京都庭園美術館で行った中島通子さんを偲ぶ会で、お元気そうな様子に接したことを思い出し、心から驚いた。

中島さんを偲ぶ会で、俵さんは、入り口から真正面の奥のほうに並んだ椅子に腰かけていた。その近くまで行った私に「三井さん、裁判のほう、がんばってね」と声をかけてくれた。私は俵さんには、提訴中の裁判について資料を送っていなかったので、「わー、ご存じなんですか。ありがとうございます」と、返事をした。うれしくてたまらなかった。それで、「どうしてご存じなんですか」と聞いた。そしたら、「私は実は豊中市に住んでいたのよ。今でも親族が住んでいるの。だから、あなたの裁判を知って、なんだか申し訳ないような気持を持っているの。以前は、なかなかいい市だったんだけどねぇ・・・」というようなことを言った。

このことが忘れられなかった私は、この秋、豊中市の友人に、「何か裁判関係の集会をするとき、俵萌子さんに声をかけて講師に招くことができたらと思う・・・」と提案した。友人は「へぇー、俵さんが豊中市民だったのか、知らなかったなぁ」と言い、「いいね、俵さんに来てもらえたら」と賛成してくれた。

私と俵さんの出会いは、国際婦人年をきっかけとして行動を起こす女たちの会である。1975年にできたその女性解放運動体の、「主婦分科会」というグループに、俵さんは属していた。当時、DVなどという言葉すら日本になかったが、俵さんは、離婚をせざるを得ない女性たちが駆け込める施設を、と運動をし、女性のための「駆け込み寺」を創設した。

それより前に、俵さんのことは、『ママ 日曜でありがとう』という本の著者として名前は知っていた。それに、当時は、よくマスコミにコメントが載っていた。そんな俵さんは、活動グループが違っていたこともあって、私は遠くから尊敬の念を持って見上げていただけで、親しく個人的にお話をしたことはなかった。

その後、私が東京都議会議員に立候補したとき、俵さんは惜しまない支援をしてくださった。人があまり集まらないミニ集会の講師としても来て下さった。議員時代にお世話になった俵さんのことが心に強く刻みこまれている。

新聞記者、女性運動家、中野区教育委員長、陶芸家、美術館長、がん患者団体支援機構理事長、そのほかたくさんの活動を、俵さんは、俵さん自身のイニシアティブで始めていたと思う。いつも明るく前向きで行動力あふれる、チャーミングな女性、俵萌子さん。日本女性離れと言っていいスケールだった。もうあちらに逝ってしまったなんて早すぎます。残念です。無念です。

http://www.canps.net/osirase.html
http://www.tawaramoeko.com/Books/ajigoyomi/ajigoyomi310.htm
[PR]
by lykkelig | 2008-11-30 02:54 | 女性運動

高松市で非正規雇用について講演

11月23日、高松市の男女共同参画センターで、非正規雇用の問題点と、それに立ち向かう女性たちの闘いについて講演した。

香川県会議員の渡辺さと子さんが司会をし、非常に実のある会となった。他県からわざわざ何時間もかけて、「どうしてもこの講演には出たい」とやってきた20代の女性二人。講演後の質疑応答の際、雇用主から、今、「雇止めにあいそうなまっただ中にいます」と、とつとつと話してくれた。二人の発言には、会場から「許せないね」というつぶやきや、「なんてひどい」とすすり泣きがもれた。

女性の生きかたをしばる不安定雇用。法的保護・制度的保障にまで持っていくにはなみなみならぬ闘いがいる。でも、かといって、黙って泣き寝入りするには、この働かせかたは、あまりに非人間的だ。当面できることは・・・世論喚起と裁判での勝利だろうか。

「21世紀の奴隷解放運動」にひとりでも多くの女性たち、男性たちがつながってほしい。


b0148594_0235172.jpg渡辺さとこさんの活動拠点事務所。香川県内に女性議員を増やすための「女性議員マップ」がはられている(右上)。遊説の必需品であるスピーカーがいくつも置いてある


b0148594_0281785.jpg香川県議会では無所属。一人だけのこじんまりした部屋には、たくさんの書類が。12月議会が始まろうとしている。今回も女性の問題、とくに学校のセクシャル・ハラスメント対策をとりあげる

b0148594_0175396.gif 高松市の港からは島々に渡るための船が。この船は鬼が島から高松市に帰ってきたところ


b0148594_021049.gif 日本の名園として名高い栗林公園。紅葉のハイシーズン
[PR]
by lykkelig | 2008-11-24 09:54 | 女性運動

北杜市議に友人が当選

11月16日、山梨県北杜市市議選に立候補していた保坂たえこさんが13位で当選した。おめでとう!

北杜市議選は、定数22人に8人上回る30人が立候補し激戦だった。現職18人、新人4人が当選した。女性の当選者については、報道がなく、名前から判断すると4人のようだ。

後で調査したところ、女性は4人立候補し、全員当選だった。全員無所属。当選率は100%。もっと立候補してほしかった。

当選率は高くても、女性は全議員中わずか18%でしかない。その貴重な一角を占めてくれた保坂さんに、お礼をいいたい。

報道によると、党派別の当選者数は公明2、共産2、無所属18。旧町村別では▽高根6▽長坂5▽須玉3▽明野3▽小淵沢、武川各2▽大泉1--となり、白州は当選者がなかったという。

保坂さんは、「今回はダメかもしれない。ほんとうにタイヘン」と静岡県で勉強会があったとき、「応援にきてほしい」と言った。選挙が近くなってからも「タイヘン」と電話があった。

何が大変かというと、もともと8町村が合併して北杜市になったのが4年前。その時は合併特例で、市議会議員定数が42議席。今回は、特例がなくなり、約半分の22議席に減ったという点。

それに、保坂さんの選挙区だった元高根町は、4年前まで町議が16人もいた。その高根町議1期目だったのが保坂さん。4年前に合併した当初の前回の選挙は、合併特例で42議席と多かったことに加え、元の8町村がそれぞれ定数を持つ選挙だった。高根町からは8議席だった。それでも、その前の16議員から8議員だから、半数となり、立候補者にとっては厳しい激戦だった。保坂さんは、それをクリアして、めでたく北杜市議1期目議員となった。

そして、今年は、合併特例がなくなり、議席が22に減ってしまった。それに加えて元の8町村から選出という方式ではなく、全市が1選挙区の大選挙区制に変わってしまった。

結局、高根町からは8人立候補し、6人当選したので、他よりは当選率が高かった。とはいえ、保坂さんの選挙区は、大雑把に言えば、16議席だった選挙区から6議席になった選挙区だったといえる。これはほんとに大激戦だったのだ。

「結婚してこちらに来たので、選挙に最も必要な地縁血縁がなくて、苦しかった」と、、女性ゆえの悩みをもらした。選挙が終わって疲れが出たせいかひどい風邪声だった。

ガンバレ、保坂さん!
b0148594_23572677.jpg
 紅葉真っ盛りの森の中の山荘が選挙事務所。その横に仮設の舞台が作られていた。そこで、選挙選にのぞむ決意表明の儀式が行われた。


b0148594_18183354.jpg
 来賓の挨拶が済んだあと、大きな達磨の目の片方に目を入れる保坂さん。


b0148594_1822689.jpg
 選挙運動員と「エイエイオーッ」と気合をあげる。この後、すぐ選挙カーに乗って選挙戦初日の遊説に
[PR]
by lykkelig | 2008-11-20 11:58 | 政治、選挙

マリア・カラス

b0148594_1945017.jpgマリア・カラスのパリ・デビューコンサートをDVDで観た。1958年パリ・オペラ座。

「オペラは、マリア・カラス以前とマリア・カラス以後しかない」
こういったのはイタリアの演出家フランコ・ゼフィレッリ監督

力強い声、高くてコロコロっと転がる超高音域のソプラノ、コロラトゥーラ。ルチアをうたって、トロバトーレのレオナーラをうたうという神業

DVDは「トスカ」2幕、「ファルネーゼ宮殿の間」
スカルピア(ローマの警視総監)とトスカ

トスカの恋人、画家のマリオ・カヴァラドッシが友人の政治犯アンジェロッティを
自分の別荘にかくまった罪で拷問を受けている

彼は口を割らない
拷問はどんどんエスカレート
スカルピオはトスカに拷問を受ける恋人のうめき声を聞かせる
ついにアンジェロッティの居所を白状してしまうトスカ  

アンジェロッティ逮捕へ
しかし、彼は自殺していた

夕食をと誘惑するスカルピオ
恋人マリオ・カヴァラドッシを救いたいトスカ
自らを犠牲に通行証を書かせる

夕食のナイフでスカルピオを刺す
「ローマを震え上がらせたスカルピアを殺した」 
「死ねーッ」
 
歌に生き恋に生き
マリア・カラス35歳の絶頂期

夢のような歌声
自分の扮した役柄の内面の心理まで表す深い演技
サイコー!
一度でいいかから舞台のマリア・カラスを観たかった

この世の宝ともいうべき彼女の才能を
はぐくみ、末永く活躍してもらえるよう、
家族、友人、マネージャーは、
なぜもっと寛大に接しなかったのか。
それに当時のマスコミの敵対的報道。
マリア・カラスはマスコミに殺されたのではないだろうか
[PR]
by lykkelig | 2008-11-16 23:56 | 趣味、余暇

生ラム肉

b0148594_20592077.jpg
 ラムは、日本人はあまり食べないけれど、お料理しだいでとってもおいしい。「いいラムを売っているお店があるよ」と教えてくれた友人のことばを頼りに探し当てたところで、求めた「生ラム肉」。

パン粉にたくさんのパセリを刻んでまぜ、ニンニク、塩、こしょうを入れ、それをオリーブオイルで
ロースト。それでラムを包み、あとはオーブンに入れて、おしまい。

赤ワインにグー。赤ワインは大好きなAMARONE! 高知の友人からのプレゼント
[PR]
by lykkelig | 2008-11-16 20:59 | 趣味、余暇

干し柿

深夜、渋柿の皮をむいて、1個1個、糸で結びました。翌朝、軒下に吊るしました。その数、60個以上。あー、秋! (写真は最下が時間の古いもの)

b0148594_20293696.jpg



b0148594_2030159.jpg



b0148594_2033521.jpg
  


b0148594_20352037.jpg



b0148594_2047059.jpg


渋柿は一箱1000円だったか2000円だったか。柿の皮むき、糸通し、干す場所探し、吊り下げ作業に気をとられて、ど忘れしてしまいました。
[PR]
by lykkelig | 2008-11-11 00:59 | 家族、友人など

姥捨ての谷

 
b0148594_19495048.jpg

信州は富士見町にある「姥捨て崖」。近所の表具屋さんが教えてくれました。底が見えないほど深ーいです。
[PR]
by lykkelig | 2008-11-11 00:53 | 女性運動

シシリア風イワシのオーブン焼き

b0148594_1135798.jpg パン粉に松の実、にんにく、タイム、オレガノ、胡椒、きざみパセリを入れて、手でまぜる。オリーブオイルで炒る



b0148594_1142083.jpg 生きのいい鰯を手開きにする。バットに炒ったパン粉を薄く敷いて、その上に鰯を並べる。さらに残りのパン粉を上にかける



b0148594_1171511.jpg 温めておいたオーブンに、鰯とパン粉を敷いたものを入れて210度ぐらいで10分。


b0148594_1143748.jpg ちょうど6匹なので、星形にならべる。パン粉の残りは上にかける。食べる時にレモンをしぼっていただく。サイドに、柿入りサラダ


[PR]
by lykkelig | 2008-11-10 01:24 | 家族、友人など

山梨県北杜市市議会選挙

友人の保坂たえこさんが、北都市議会選挙に立候補している。2期つとめ、今度は3期目の挑戦。でも、「今回は、とても難しい。合併して、大選挙区になって、その上、定数が削減されたから・・・」と保坂さんは言う。

女性議員も数名しかいない。彼女が当選できなかったら、また女性が減ってしまう。猛烈に多忙な時期だが、パートナーが車を出してくれるというので、選挙の初日の今日、駆けつけた。

投票日は16日、当選してほしい!!
[PR]
by lykkelig | 2008-11-09 23:58 | 女性運動

疋田桂一郎賞

疋田桂一郎という人の名は、私でも知っている。連合いも影響を受けた人の1人だという。新聞労連HPにこんな情報があった。疋田桂一郎の人物像の一端がしのばれる。

===新設 <疋田桂一郎賞> について====

 新聞労連ジャーナリスト大賞の選考委員だった故・疋田桂一郎氏の遺志を継いで、今年度から同賞のなかに「疋田桂一郎賞」を新設します。

 疋田氏は、生涯一記者、筆一本で通した新聞記者で、数々の優れた記事を書き 続けると同時に、新聞のあり方に対して常に問題を投げかけ、多くの提言をしてきた方です。とくに疋田氏は、報道が人を傷つけ、人権を侵す恐れがあることを深く憂慮して、どうしたら防げるか、いつも自問自答を繰り返していました。
 「そんな故人の遺志を生かしていただけるなら」とご遺族から提供された基金によって、このたび疋田桂一郎賞を新設することにした次第です。したがって、この賞は、「人権を守り、報道への信頼増進に寄与する報道」に対して授与したいと考えます。

 無神経な人権侵害を厳しく糾弾する記事や、報道のあり方に新たな教訓を引き出す優れた検証記事などが当然、対象として挙げられましょう。ただし、あまり狭くは考えず、「さすがは新聞!」と読者から絶賛される記事であれば、新聞への信頼回復につながることも明らかですから、対象として検討したいと思います。とくに若手の人たちからの応募を期待します。

 授賞者は、毎年一件に絞りたいと思います。受賞者には、記念のレリーフと副賞として賞金を贈ります。選考は、新聞労連ジャーナリスト大賞と同時に、同じ選考委員によっておこない、最初から疋田賞にと応募してきた作品だけに限らず、推薦されたすべての作品のなかから最もふさわしいものを選ぶ方式とします。応募方法は、新聞労連大賞の応募要項をご参照下さい。

☆労連大賞、疋田圭一郎賞に関する問い合わせは、
新聞労連(03-5842-2201)
担当・及川までお願いします。

出典http://www.shinbunroren.or.jp/oshirase2/oshirase2.htm
[PR]
by lykkelig | 2008-11-09 00:56 | 本、文書
カテゴリ
以前の記事
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 10月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 01月
2003年 11月
2003年 09月
2003年 07月
2003年 05月
2003年 01月
2002年 10月
2002年 01月
2001年 08月
2001年 07月
2001年 04月
2001年 03月
2001年 01月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧