50%プラス


身近な暮しを書きとめるノートです。
by lykkelig
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:働くこと生きること( 26 )

小保方晴子の世界を理解するために

「軍隊内務令の煩雑な規則の適用は上級者へ行くほどルーズとなり、下級者ほどヨリ厳格となる。刑事訴訟法の検束、拘留、予審等々の規定が他ならぬ帝国官吏によって最も露骨に蹂躙されていることは周知のとおりである。具体的支配関係の保持強化こそが眼目であり、そのためには、違法どころか、法規の『末節』に捉われるなということが繰り返し検察関係に対して訓示されたのである。従ってここでの国家的社会的地位の価値基準は、その社会的機能よりも、天皇への距離にある」(丸山真男の『超国家主義の論理と心理』 第三巻 P.28)。

■「世に倦む日々」より
小保方晴子の不正事件が問うもの - 格差社会の分配と秩序と倫理
[PR]
by lykkelig | 2014-03-18 17:19 | 働くこと生きること

まるで花火のよう 秋田の菊

b0148594_19482019.jpg

[PR]
by lykkelig | 2013-03-01 19:48 | 働くこと生きること

秋田の干し柿、干し大根

b0148594_19464640.jpg

[PR]
by lykkelig | 2013-03-01 19:47 | 働くこと生きること

秋田のりんご園

b0148594_19444478.jpg

[PR]
by lykkelig | 2013-03-01 19:45 | 働くこと生きること

屋根の掃除とペンキ塗り

長野の長い冬にそなえて、いっぱいやることがある。

まき割り、
屋根の落葉ひろい
といの掃除
屋根の掃除
屋根のペンキ塗り

けやきの木は夏は緑のテントとなって、日陰をつくってくれるすぐれもの
でも、先日の台風で、枝がたくさん折れてしまい、地面は小枝・中枝だらけ・・・

どんぐりの木は、静かな夜に屋根に落ちるコロコロ・・・がなんとも詩情豊か
でも、どんぐりの葉っぱや実が屋根に落ち、それがといに流れつき、といがつまる

あ~

肉体労働!
[PR]
by lykkelig | 2012-10-06 18:10 | 働くこと生きること

93歳の現役ジャーナリスト

1か月ほど前、The Insiderという映画を観た。アル・パッチーノ主演ものを見たかっただけで借りてきたが、とてもおもしろかった。

映画は、「60分」という実際のアメリカのテレビ番組に依拠していた。タフな政治的質問で、真相を暴くインタビューもので、60分のために、膨大な調査と取材が続けられる。

実際のインタビューアーは、有名なマイク・ワレス。土曜日、彼が93歳で死亡したという。新聞によると、なんと93歳で現役ジャーナリストだ。
[PR]
by lykkelig | 2012-04-09 01:12 | 働くこと生きること

NRK toching article

En korrespondent midt i katastrofen
http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.7575437
[PR]
by lykkelig | 2011-04-05 00:55 | 働くこと生きること

高木俊介さんの言葉

11月、京都。来日したイタリア講師との夕食会で、高木俊介ドクターと同席した。彼の本にあったこの言葉が、今の自分につきささり、同席の栄に浴した幸せを感じた。

「こころの病をもつ人たち、とりわけ私たちが主な援助の対象としている統合失調症という病気をもつ人たちは、幻覚や妄想という健康な人たちには理解しにくい症状に苦しめられ、誰のことも信用できなくなっている。その人たちを、同じ人間として理解し、そばにいてあげること。そこから始めることが必要なのだ。そうしてじっくりと時間をかけながら信頼関係を築き、もう一度こちらの世界に安心して戻ってくるように援助するには、彼ら彼女らの現実生活の現場の中で、問題となっていることをひとつひとつ解決していかなくてはならない」(高木俊介著『こころの医療 宅配便』文芸春秋)
[PR]
by lykkelig | 2010-12-01 09:34 | 働くこと生きること

秋の日差し

b0148594_224379.jpg


ピッツァ釜横の薪置き場の屋根に登った。昼寝をした。見上げた空の美しさに、ほれぼれした。
[PR]
by lykkelig | 2010-11-08 02:26 | 働くこと生きること

「なんで有期雇用なん!?」

「なんで有期雇用なん!? 大学非正規労働者の雇い止めを許さない関西緊急集会」
賛同・呼びかけのお願い

きたる2月27日に、大学非正規労働者の、3年でくび・4年でく
び・5年でくび・6年でくびなどの有期雇用に反対する集会を開
きます。大きな運動にしていきたいと思います。
賛同していただける方、一緒に呼びかけしてくださる方を求め
ます。

「なんで有期雇用なん!? 大学非正規労働者の雇い止めを許
さない関西緊急集会」
2月27日(土)1時~4時 エルおおさか7階708会議室

★基調講演 脇田滋さん(龍谷大学/労働法)
★現場から報告
★アピール採択

主催: 「大学非正規労働者の雇い止めを許さない関西緊急集
会」実行委員会
http://nandenan0227.blogspot.com/

よびかけのチラシ(PDF)
https://docs.google.com/fileview?id=0B3Lu3ytZOfEQYmJlM2RkMmEtYTUzMi00ODA4LWE0OWUtMGE0ZjA5NDVjNTQ4&hl=ja

*** 呼びかけ文

大学、官公庁、一般企業の間で、更新の年限を定めた有期雇用
が広がっています。
恒常的な業務であるにもかかわらず、数年で一律に雇い止めと
なる有期雇用、私立大学ではずいぶん前から導入され、既に常
態化していますが、国立大学でも
2004年の法人化以降、各大学で有期雇用が導入されてきました
。京都大学では5年。大阪大学では6年*。今年3月、全国の国公
立大学、私立大学で大量の解雇が実施されます。
現在大学で働く非正規労働者の多くは女性です。大学に限らず
、非正規労働の根底には女性労働の搾取の問題があります。主
婦のパート仕事として位置づけられ、夫に扶養されることを前
提にしているため待遇は改善されず、それが今では20代・30代
の女性・男性がおかれる当たり前の労働環境になりつつありま
す。
数年ごとに雇い止めを行い、人だけ入れ替えるのは単に「首の
すげかえ」であり、反復更新を繰り返すことにより、更新期待
権が生じないようにするための方法です。しかし、多くの非正
規労働者は
「有期雇用であることを知って契約にサインしたのだから、雇
い止めになっても仕方ない。」と諦めます。けれども、私達は
声を上げます!

「なんで有期雇用なん!?そもそも、有期雇用自体がおかしい
んちゃう!?」

有期雇用は「人を育てない・育てる気がない」、人々の働く力
を貧困化させていくシステムだと考えます。
更新や雇い止めの不安に怯えながら働くのではなく、腰を据え
じっくりとその仕事に携わりたい!
同じ仕事をしているのであれば、正規労働者と同一の賃金・待
遇を!
その思いを抱えた関西の国公立・私立大学の非正規労働者たち
が大学を超えて集まり、今年3月末に各大学で行われる雇い止
めを実行させないため、緊急集会を開くことになりました。
有期雇用に疑問と不安を抱きつつも、声を上げられない非正規
労働者の方々に「共に声を上げよう!」と呼びかけ、有期雇用
の問題性**を明らかにし、抜本的な解決策を皆さんと共に考え
る場にしたいと考えています。

* 阪大は法人化以前からの長期非常勤職員も今後5年で雇い止
めにすると発表しました(一部を特例職員として登用)。
** 現在、派遣法改正が国会で論議されています。派遣から直
接雇いになったとしても、それが期限付きの有期雇用なら、労
働者は不安定なままです。派遣と有期雇用を正しく規制してい
くことは、非正規労働者の生存を守るために必須の、車の両輪
といえる問題だと私たちは考えています。

*** 呼びかけ団体

京都大学時間雇用職員組合 ユニオンエクスタシー
関西単一労働組合 大阪大学分会
関西非正規等労働組合 ユニオンぼちぼち
京都精華大学嘱託教職員組合 SocoSoco
2010年1月15日現在

*** 賛同していただける方(個人・団体)

お名前と連絡先とメッセージをメールしていただけたらと思い
ます。
nandenan0227*gmail.com (*を@に置き換えてください)

*** 一緒に呼びかけしてくださる方(個人・団体)

実行委員会では定期的に会議をしています。
そのご案内などもいたしますので、是非ご連絡ください。

*** 賛同カンパをお願いします。

「2/27関西緊急集会へカンパ」と記載の上、郵便振替口座
00950-5-204933
キョートット出版 までお願いします。
[PR]
by lykkelig | 2010-01-18 12:17 | 働くこと生きること
カテゴリ
以前の記事
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 10月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 01月
2003年 11月
2003年 09月
2003年 07月
2003年 05月
2003年 01月
2002年 10月
2002年 01月
2001年 08月
2001年 07月
2001年 04月
2001年 03月
2001年 01月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧