50%プラス


身近な暮しを書きとめるノートです。
by lykkelig
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ヨーロッパ( 51 )

チェリビダッケ

セルジュ・チェリビダッケが楽団を指揮している録画を見た。

なんと多彩、多様で、ここにはこの言葉しかないというほどの的確な表現よ。

彼はただの指揮者ではない。

ルーマニア生まれドイツで活躍した指揮者だという。
[PR]
by lykkelig | 2014-06-01 21:03 | ヨーロッパ

映画「バベットの晩さん」を見た

19世紀、デンマークのユトランド半島の片田舎。厳しい自然のなか、宗教を拠所とする村人たちがつましく生きている。食事は固いパンをビールのような液体に入れて煮たものだけ。

村人から尊敬されている牧師には2人の娘がいる。2人は厳格で敬虔な宗教家の父のもと、恋愛ひとつせず、年を経る。牧師は亡くなり、年をとった娘たち2人は支えあって日々を誠実に生きている。

ある夜、フランス革命のギロチン刑から逃れた1人の女性が、パリから、この貧しくうらさびしい片田舎に亡命してくる。2人は、雇えるお金がないと断るが、報酬などいらないから置いてくれるだけでいいと懇願される。

パリから逃れてきた女性は、それ以降、牧師宅の給仕として同居する。

女性の名はバベット。時はまた過ぎる。

2人は、父の生誕100年を記念するお茶会を催すことを計画する。その話が出たころ、バベットは時折パリの友人から宝くじを送ってもらっていたが、宝くじがあたった。1万フランの賞金だった。

バベットは、2人の女性主人に晩さん会を自分の好きなようにさせてほしいと言う。今回だけは自分が支払うと、バベットは言う。食材を買い出しにパリにでかけ、生きた大カメ、うずら、牛肉、最高級ワインやシャンパンなど食材をつめたかぞえきれないほどの箱を船に乗せて帰ってくる。

そして、バベットは村の少年を助手にして、小さないつもの台所で、フランス料理のフルコースの準備にとりかかる。

村人の誰一人、一度も食べたことのない料理。しかし、そこに招かれた将軍だけは違っていた。表現できないほどおいしい料理を食しながら、パリのCafé Anglaisで食べた忘れられない食事とそっくりだと、彼は、感想を述べる。

美味しい食事は、人の心を豊かにする。食事を終えた村人たちは、それまでのいがみあいを忘れ、敬愛しあう。

バベットは、Café Anglaisのシェフだったことがわかる。彼女は宝くじ1万フランすべてを1回の晩さんに使ってしまった。

彼女は言う、「芸術家は決して貧しくない」。プロフェッショナルの気概を感じた。
[PR]
by lykkelig | 2013-12-30 18:33 | ヨーロッパ

魔女が死んだ、キンコンカン♪

Ella Fitzgeraldの「魔女が死んだ、キンコンカン」がヒットしている。「オズの魔法使い」の歌だ。

イギリスの首相だったマーガレット・サッチャーの死後、ヒットチャートを上昇中だ。彼女の反福祉政策に泣かせられた人たちの、ささやかなデモンストレーションらしい。

Once there was a wicked witch
In the lovely land of Oz
And a wickeder, wickeder
Wickeder witch that never,never was
She filled the folks in munchkin land
With terror and with dread
Till one fine day from kansas way
A cyclone caught a house
That brought the wickeder, wickeder witcher dome
At she was flying on her broom
For the house fell on her head
And the coroner pronounced her: dead
And through the town the joyous news was spread

Ding Dong! The Witch is dead. Which old Witch? The Wicked Witch!
Ding Dong! The Wicked Witch is dead.
Wake up - sleepy head, rub your eyes, get out of bed.
Wake up, the Wicked Witch is dead.
She's gone where the goblins go,
Below - below - below. Yo-ho
Let's open up and sing and ring the bells out.
Ding Dong' the merry-oh, sing it high, sing it low.
Let them know
The Wicked Witch is dead!

[instrumental]

She's gone where the goblins go,
Below - below - below. Yo-ho
Let's open up and sing and ring the bells out.
Ding Dong' the merry-oh, sing it high, sing it low.
Let them know
That Wicked Witch...
That Wicked Witch is dead!
[PR]
by lykkelig | 2013-04-15 21:19 | ヨーロッパ

C'era una volta la città dei matti 制作者は女性

b0148594_1383321.jpg
イタリアに、クラウディア・モ―リClaudia Mori という女性のテレビ・プロデューサーがいる。元女優で歌手だったらしい。その後、「こんにちは、君たち!」という制作会社を創設。

2010年2月7日、クラウディア・モ―リは、ライ・テレビと組んで、「むかし狂人がいた町」を世に出した。C'era una volta la città dei matti... (英語で"There Was Once a City of Fools")。 ローマ・フィクション祭で、彼女は、テレビ番組制作者特別賞を受賞したという。

この映画は、バザーリアの活動についてのテレビ映画だ。バザーリアは、イタリアから精神病院廃絶という革命的偉業をなした医師。監督はMarco Turco。

2010年4月、私は連れとイタリアのトリエステにいた。la città dei matti トリエステ市民が、「狂人の町」と呼んでいたサンジョヴァンニ精神病院だった公園を視察していた。

その元精神病院の研究室で、観たのがC'era una volta la città dei mattiだった。この映画に大きな貢献をした精神科医ペッペ・デラクアが、「おもしろいから観たら」と、英語字幕つきのDVDを貸してくれたのだった。

私は、女性ゆえの狂気を見事に描いていることに、もっとも心を動かされた。衝撃的だった。かつて「狂人の町」と言われたその現場で、その歴史的映画を観たという奇跡も加わって、忘れられない映画となった。

イタリアに住む通訳兼イタリア研究者の佐藤康夫さんは、私にメールでこう言った。

「この映画は、確かにかにマニコミオや病院の解体がテーマです。でも、バザリア、他の医師、看護師らとマッティたちとの、″人間的な連帯″が、映画の真の″主役″かと思います」

なるほどそうだと思った。



◆C'era una volta la città dei matti 昔、昔、あるところにキチガイがいた
http://lykkelig.exblog.jp/13272383/
[PR]
by lykkelig | 2012-07-06 16:15 | ヨーロッパ

美人は職探しに苦労する

Physical attractiveness and careers

Don’t hate me because I’m beautiful:Attractive women should not include a photo with a job application

http://www.economist.com/node/21551535?fsrc=scn/fb/wl/ar/donthatemebecauseimbeautiful
[PR]
by lykkelig | 2012-04-04 10:00 | ヨーロッパ

トリエステの看護師ラファエロが亡くなった

b0148594_13575431.jpg

2列目の最右。顔が半分隠れている白いあごひげの男性。2010年4月、トリエステ滞在中、とてもお世話になった。心からお悔やみ申し上げます。
[PR]
by lykkelig | 2012-03-31 14:00 | ヨーロッパ

Des hommes et des dieux

神々の男たち。現代は、男たちと神々。

フランス領だったアルジェリアにおける修道士の話し。殺されるのを待つのか、逃げて生きるのか。ギリギリの選択におかれた修道士たちの一日、一日を描く。

宗教の問題、植民地支配と支配される側の問題、テロと取締国家の問題・・・深い映画だった。
[PR]
by lykkelig | 2012-02-20 20:41 | ヨーロッパ

サルディニアからの贈り物

b0148594_172157.jpgサルディニアーーー聞いただけで碧い海と熱い太陽が目に浮かぶ。行ったことはないけれど。

そのサルディニアから、小さな箱が信州に届いた。中から出てきたのは、からすみ、パスタ、薄い乾パン、まぐろの干した保存食、まぐろの缶詰、アンチョビ、蜂蜜・・・。サルディニアの普通の家の台所にある日常食の数々。

b0148594_17261022.jpg「今晩は、さっそく、からすみスパゲッティで行こう」。ネットでイタリアのNHKにあたるライTVの料理番組を見て、チーズとイタリアンパセリのソースであえたボッタルガ・パスタに挑戦した(彼が)。

私は撮影班。写真をとって贈り主に送信した。



サルディニアのボッタルガ店
http://www.smeralda.com/
[PR]
by lykkelig | 2011-01-08 18:00 | ヨーロッパ

ヒトラーの映画

NRKに、映画が英語つきでリンクしている。時間があるとき見よう。完全なプロパガンダ映画だが、その現代的映像手法は、後の、ハリウッド映画に大きな影響を与えたという。

http://www.nrk.no/nyheter/kultur/1.7054772
[PR]
by lykkelig | 2010-03-28 20:43 | ヨーロッパ

トリエステの女性解放団体

Settima onda は 7番目の波というイタリア語。トリエステにある女性解放団体だ。
http://www.settimaonda.it/
[PR]
by lykkelig | 2010-01-23 20:51 | ヨーロッパ
カテゴリ
以前の記事
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 10月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 01月
2003年 11月
2003年 09月
2003年 07月
2003年 05月
2003年 01月
2002年 10月
2002年 01月
2001年 08月
2001年 07月
2001年 04月
2001年 03月
2001年 01月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧