50%プラス


身近な暮しを書きとめるノートです。
by lykkelig
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ノルウェーを変えた髭のノラ、出版記念シンポ

b0148594_24093.jpg『ノルウェーを変えた髭のノラ』(明石書店)を出版した。2010年4月27日、広尾のノルウェー王国大使館が、出版記念会・レセプションを開いてくださった。男女共同参画行政に携わる人たち、本に引用した人たち、本を書くにあたって勇気を与えられた運動家たち、報道関係の方々が、全国から集まってくださったノルウェー王国大使館Web『髭ノラ』出版記念シンポ


b0148594_2423433.jpgいい気候だったらプールサイドでレセプションができるのだが。あいにくの雨
b0148594_21505217.jpg公使参事官Tor DAHLSTRØMの挨拶。隣は通訳を務める仙波亜美さん

b0148594_21493363.jpgスピーチをする明石書店石井社長

b0148594_2148359.jpg『髭のノラ』こぼれ話のスピーチ草稿はこちら。スクリーンは7党中4党が女性の党首のノルウェー政界。その女性政策は『ノルウェー変えた髭のノラ』をどうぞ

b0148594_21481861.jpg演台の後ろにはためく色とりどりのバルーンは、大阪から飛んできた

b0148594_22293522.jpg ノルウェー男女平等の本 を発行した荒川ユリ子さんが質問に立った。荒川さんは、ノルウェーの小・中学校の本の日本語訳を発行するため、「ノルウェー男女平等の本を出版する会」を立ち上げた。1997年頃の本だが、今も新鮮。日本の小・中学の副読本として最適

b0148594_2216742.jpg衆議院議員の京野公子さん。「衆議院議員なのに、黒塗りのハイヤーを使わないでいらっしゃるらしい」と大使館で噂になっていた。庶民の心に寄り添う貴重な政治家の1人

b0148594_2221448.jpg

b0148594_22192823.jpg

b0148594_2244917.jpg

b0148594_2221312.jpg売買春運動を続ける高橋喜久枝さん、何から何までいろいろお世話になった明石書店編集部黒田貴史さん、

b0148594_2234682.jpg全国フェミニスト議員連盟の友人たち

b0148594_22374077.jpg友人のポパルさん、高橋さん、山城さんも駆けつけた

b0148594_2228379.jpg「女性歌人たちの敗戦前後」(『扉を開く女たち』砂小屋書房)を著した内野光子さん(左)。男女平等が高らかに歌われた敗戦後の歌壇に女たちの出番は余に少なかった、女性雑誌の歌壇ですら選者は皆男性だった、戦意昂揚から平和国家への劇的変化の糾弾にさらされなかった女性歌人たち・・・。丹念な調査とジェンダーの視点による日本の短歌史と評論。内野光子ブログもどうぞ

b0148594_22351865.jpg衆議院議員の藤田一枝さん。私が議員だった時代からの友人。一緒にノルウェーのクオータ制調査旅行にも行った。女性の労働権確立のため初心を忘れず頑張っている稀有な政治家の1人。

b0148594_22553368.jpg富山県高岡市で、女性のエンパワーメントを旗印に県や国会にロビー活動をする「シャキット富山35」の山下清子さん(右)。中央はヴェンケ・プレベンセン参事官(Wenche PREBENSEN)、左はノルウェー語の語学力の低い私の知恵袋となって助言してくれた仙波亜美さん。シャキット富山35

b0148594_22424368.jpg クオータ制を実現する会を立ち上げて世論を動かそうと頑張る神永礼子さんが名古屋からかけつけた(右から2人目)。クオータ制を実現する会はこちらhttp://www1.odn.ne.jp/quota/
b0148594_2244436.jpgクオータ制と比例代表制を広めるため千葉県柏市から発信する田口房雄さん

b0148594_255546.jpg
b0148594_22463494.jpg
b0148594_2582916.jpg滋賀県大津市で「さくらんぼ女性サポートルーム」代表としてDV被害者の相談を担う岡田けい子さん。岡田さんのノルウェー訪問記録は、今回の本を書く際参考にさせていただいた。

b0148594_22394542.jpg富山の水引細工について説明する三井。右は大使館の研修生。陸軍で働いていたというところがノルウェー的だな、つい思ってしまった

b0148594_22532591.jpg

b0148594_2253541.jpg富山の水引細工「松竹梅」。見事な伝統工芸品。結納の時に使われてきた。ノルウェー大使館にプレゼントしました。http://mizuhiki.jp/mizuhikizaiku/index.html

b0148594_1845081.jpg写真撮影はすべて大熊一夫(右)。お疲れさまと、最後に、友人にカメラのシャッターを押してもらってニコリ。

[PR]
by lykkelig | 2010-05-25 22:58 | 本、文書
カテゴリ
以前の記事
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 01月
2004年 10月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 01月
2003年 11月
2003年 09月
2003年 07月
2003年 05月
2003年 01月
2002年 10月
2002年 01月
2001年 08月
2001年 07月
2001年 04月
2001年 03月
2001年 01月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧